脇汗を止めるには辛い食事を避けること

『エクリン腺』と『アポクリン腺』とは脇汗を分泌する汗腺のことです。全身に点在する『エクリン腺』から分泌される汗は、95%が水分なので、サラサラしていてニオイがでません。 切迫した時等に出る脇汗・顔汗などは、エクリン腺からの分泌になるでしょう。汗の量が非常に多い「多汗症」もエクリン腺からの汗が原因です。思春期に脇下や陰部などに生育する『アポクリン腺』の汗も、分泌されてすぐはほとんど臭いません。ただ、拭いたり洗ったりしないまま時間が経つと汗が細菌に分解されて、わきが独特のニオイを発生します。そのうえ、色素成分含有するため、黄ばみや汗ジミになってしまいます。内臓疾患が原因で汗に臭いがあったり多汗症などの病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)の人を除けば、毎日シャワーを浴びることや、不必要に発汗しないようにするなど、対策を取ることで身だしなみを整える事が可能です。特に脇汗を多く書く時期は、思っていなくても周りの人に負担を与えていることもあります。デオドラント対策に手を抜かないで、「脇汗のにおいがキツイ!」と噂されないように対策を取っていきましょう。わきがは、少しでも簡単に、そして早く対策できれば理想的と言えます。出来れば、手術のように多額の費用や傷跡というリスクも伴う方法(あれこれと議論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繰り返す方がいいこともあります)は避けたいです。そこで、わきが対策の中でも、最初にトライして欲しいのが「わきがクリーム」の活用です。1日塗るのは1回~2回。それだけでわきがの臭いが消えれば気持ち(人に話すことで楽になったり、増幅したりするといわれています)も楽になるでしょう。気を付けたい点として、わきがクリームにはあまたの種類(自分がどれに当て嵌まるのかを知ることも時には大切かもしれません)の製品があります。しっかり選んでいきましょう。脇を「保湿」することは制汗の効果を発揮することがあります。肌は乾燥をすると、皮膚の乾燥を防ぐために脇汗をかいたり皮脂を出したりします。体の機能としてとても重要なことですが、脇でこの機能が発揮されてしまうと、ワキガなどの問題がでてきてしまいます。ワキガを対処するためのクリームには、植物由来の成分、たとえばアロエエキスや、オウゴンエキスなど、海藻エキスなどの保湿成分が入っているものが多く、こうした成分が含まれていることで制汗の効果を望む事が可能です。わきが治療は治療法とお子様の治療時期(タイミング)、そして頼りになる治療施設を選択できれば、手術を何度もすることもなく一度で治療を終える事が可能です。育ちや臭いの次もとにより、お子様に対してできることは変わってきます。手術はもう少し先になってからという考えのコドモもいると思いますので、お子様とコミュニケーションをとりながら都合が良い時期と、治療方法(あれこれと議論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繰り返す方がいいこともあります)を見つけましょう。わきがケアで基本であることは、汚れを落としキレイにすることとわき肌の水分を保つことです。肌に汚れが残っているとわきの肌表面のトラブルが起こる要因となるでしょう。また、肌の潤いが失われてしまうことも外部の刺激から肌を守る機能を退化指せてしまうため、保湿を必ずするようにしてちょうだい。しかしながら、保湿を行いすぎることもわき肌のためにはなりません。アポクリン腺という汗腺の汗がわきが臭の元ですが、汗そのものは無臭です。エクリン腺から出た汗や皮脂と混ざり、雑菌に分解されて匂いが発生するのです。脇毛には臭いを創る雑菌の温床になりやすいので、処理をした方が良いのですが、毛抜きを使うことが辞めた方が良いです。アポクリン腺を通った汗がでてきやすくなるでしょう。毛抜きで脇毛を抜くのではなく、剃って処理をしましょう。デオドラントクリームなど臭いを防ぐこともできますが、この場合はワキガ体質や症状が軽いワキガの人にとって、対処できる方法(あれこれと議論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繰り返す方がいいこともあります)といわれています。塩化アルミニウム液、臭化プロバンテリン、そして渋皮エキス。これらは効果が高いといわれています。しかし、健康の状態が悪い場合や感情面で不安定の時は、ホルモン系のバランスが悪くなっているためワキガの問題が出ている可能性がある人には、状況をによって、問題を解決するための薬も処方される事もあります。実は汗からニオイは発生しないんです。脇汗だって無臭です。だけど、汗が出てケアを怠り時間が過ぎると、脇汗と伴に細菌も増えてゆき、それがニオイの元となり、臭いにおいや、わきがのにおいを発生指せます。さらに、汗の量が多くなると細菌も活発に汗を分解するために、ケアしないままでいるとますますニオイます。冬の暖房効き過ぎの部屋での汗の匂いが気になるのはそれが原因です。人は汗で体温調節しますが、ときに体温調節に必要な量以上に汗をかき、外出もできなくなる症状を多汗症と呼びます。脇汗がたくさん出ることを『腋窩多汗症』と言います。腋窩多汗症は、若年層や中年世代で多く発症し、仕事や社交、身体的活動、レジャーなどの日頃の暮らしにおいて制限がありメンタル的に苦痛をきたす病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)でもあります。ですが、病院で適切な治療をうけると治ります。どのような手術方法(あれこれと議論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繰り返す方がいいこともあります)があるのかを病院に問い合わせてみましょう。管理人のお世話になってるサイト>>>>>脇汗を止める

カテゴリー: トピックス パーマリンク

コメントを残す