調和のとれた食事は糖尿病の方には治療法のひとつ

色々な種類の栄養素を適切な量摂ることが、調和のとれた食事となり糖尿病の方には治療法のひとつにもなります。それぞれに似つかわしいエネルギー量を超えることなく、調和のとれた食事摂取において参考になるのが、「糖尿病食事療法のための食品交換表」です。食品交換表では私たちが日常食べている食品を、栄養素が多くふくまれる種類によって、6つの表を造り6つの食品グループと調味料に分類し、食品の重量を1単位80kcalとして掲さいしています。日常的に食品交換表を利用することで、料理のメニューの参考にもなります。糖尿病は、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病に大別できます。なかでも、毎日の食事や生活スタイルが深く関わり最も多くの患者数を有するのが、「2型糖尿病」です。血糖値が高くなっても自覚症状を感じることが稀なため、その状態が継続、悪化してしまうと各種の合併症を誘発します。2型糖尿病は不適切な食生活が大きな原因になるため、治療の目的として食生活の改善が重要です。糖尿病性の合併症に繋がらないよう体重や血糖を適正に保つ、そして悪化を防ぐことも食事療法の目的です。人は加齢といっしょにインスリンのはたらきが低下するため筋肉への糖の吸収が減っていきます。血糖値が上昇しやすくなるのは、そのためです。特に食後は、ブドウ糖がいっぺんに体の中に吸収されるため血糖値が上昇します。血糖値が上昇するのを防ぐ方法として「ベジタブルファースト」があります。食事法の一つで、食事の際は野菜から食べる方法です。ゴボウやキャベツといった食物繊維をたくさんふくむ野菜は、作用として他の食品の消化吸収を緩やかにします。ご飯や麺類などの炭水化物にふくまれる糖質をゆっくりと吸収するため、体内にブドウ糖が吸収されるのを和らげます。体内時計(朝型タイプと夜型タイプがあるそうです)の乱れには2型糖尿病や肥満(極端なダイエットはリバウンドや拒食症、過食症の原因になりかねません)を伴う危険性が潜んでいます。毎日の睡眠や体温、また体内の血圧や糖代謝・脂質代謝など、日内リズムに沿ったそれらの生理機能は、「体内時計(朝型タイプと夜型タイプがあるそうです)」によって制御されています。「体内時計(朝型タイプと夜型タイプがあるそうです)」は、生活スタイルから影響を受けています。「時間栄養学」とは、「体内時計(朝型タイプと夜型タイプがあるそうです)を考えた栄養学」のことです。栄養学の基本である「何をどのくらい食べるか」に併せ、体内時計(朝型タイプと夜型タイプがあるそうです)の観点から「食べるタイミング」を加え、食事のリズムと効果の関わりについて新しく研究する分野です。食事について、一日3度の摂取量は同量程度が望ましいのですが、やはり夕食がどうしても多くなってしまいます。食事にかける時間は、忙しくても20分は取ることです。時間をかけることで、血糖値の上昇を防いだり、満腹中枢(お腹がすいたなと感じたら、常温の水を飲むことで正常に働きやすくなります)が満足したりするからです。幾らしごとが忙しくても、5分で食事をすませるようなことは控えましょう。食物繊維は血糖値を下げる効果がありますので、海藻類やきのこ類を多く摂るようにしてください。糖質の多い食品(ポテト・コーンなど)は意識しながら摂ってください。糖尿病予備軍から移行した糖尿病は、インスリンという血中の血糖値をコントロールするホルモンが上手に働かなくなり、長期にわたって血糖値が下がりにくくなる病気です。糖尿病の治療の目標は、生涯にわたって体重に加え血中の状態(血圧・血糖・血清脂質)のバランスを良好に保つことで、糖尿病合併症(網膜症・腎症・神経障害)や動脈硬化症(心筋梗塞・脳梗塞(脳軟化症という別名で呼ばれることもあります)・足壊疽)を予防し、自由にからだを動かし活発な日常生活は持ちろんのこと、充実した人生をおくるようにすることです。適切な指導による食事療法などは治療の一環として、糖尿病合併症や動脈硬化症の発症・進行を防ぐことが可能となります。「緩やかな糖質制限食」は、1食につき摂取する糖質が40gまでとされています。毎食バランスを考えて摂り、できるだけご飯を少なくすることが大事です。最も良くないのは若年層にありがちな「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」です。「カツ丼とざるそばセット」のようなものも同様です。つまり、バランスの偏った糖質ばかりの食事はよくないということです。糖質制限の例として種類の多い幕の内弁当とご飯を少なく摂ることを、提言しています。「緩やかな糖質制限食」では、カロリーはあまり気にせず、野菜・お魚・お肉といった食材もどんどん摂りましょう。糖尿病に罹患する可能性を告げられた方のなかには、「何となく食生活改善の必要性は感じるけど、実行できていない、適度な運動も必要だと思受けどできない」と考えている方々もいるでしょう。正式に糖尿病と診断されるまでにはほとんど自覚症状がないため、考えを改めることはナカナカできません。糖尿病の予備軍から境界型になってくると、だんだんと自覚症状も出てきます。血糖値を正常に保つのに必要なホルモンとされるインスリン値に異常が出てくる反応は、無自覚のうちから顕れ、やがて糖尿病と診断されます。あなたにとって適正な総摂取エネルギーが1日1600kcalと指示された場合、1日20単位の食品と置き換えることができますが、栄養素が偏らないように選ぶことが大切です。皆さんがよく知っている外食メニューも、「食品交換表」には掲さいされています。目で見てカロリーなどがわかるようになりましょう。一方、薬物療法を受けている患者さんの場合、どのタイミングで食事をすればよいのか把握しておかないと、低血糖になることがあるので注意が必要です。時節の変化を取り入れた献立作りや、外食の仕方にもアイデアを組み込んで、充実した食事療法を行ってください。一般的に、糖尿病にはつらい食事制限が付きものと大抵の患者さんは捉えます。ところが、糖尿病になったからといって、食べられないものは何もありません。「食事療法」用に用意された献立があるのではなく、個人に必要な総摂取エネルギーの範囲内で食べ物の栄養バランスを意識することが目的となります。この食事療法の考えは、糖尿病の患者さんへ向けた絶対条件というものではなく、健康なひとも含めみんなが考えないといけない事なんです。管理人のお世話になってるサイト⇒糖尿病 食事 宅配

カテゴリー: トピックス パーマリンク

コメントを残す