糖尿病性腎症はカロリーとたんぱく質を制限すること

多種いろんな栄養素を適量摂ることが、調和のとれた食事となり糖尿病の方には治療法のひとつにもなります。バランスのよい食事をとるためには、適切なエルルギー量の範囲内であることが大切でありひんととなるのが、「糖尿病食事療法のための食品交換表」です。私立ちが毎日食べている食品を食品交換表で参照してみると、多く含まれている栄養素により、調味料と6つの食品グループと表に分類して、食品の重量を掲載していますが、その基準は1単位80kcalです。食品交換表を活用することで、料理のメニューの参考にもなります。一日3回の食事の量は、毎食ごとなるべく同じくらいがよいのですが、やはり夕食がどうしても多くなってしまいます。どんなに忙しくても、食事は20分かけてゆっくり食べることです。時間をかけることで、血糖値の上昇を防いだり、満腹中枢が満足したりするからです。忙しいとき、シゴトの合間に食事を5分ほどですませるのは避けましょう。食物繊維は血糖値を下げる作用を促しますので、海藻類やきのこ類を多く摂るようにして下さい。ポテトやコーンには多くの糖質が含まれているので気を配って下さい。体内時計の乱れは2型糖尿病や肥満のリスクを引き寄せる恐れがあります。日々の睡眠・体温・血圧、あるいは体内の糖代謝・脂質代謝といった、ほとんどの生理機能には日内リズムがあり、「体内時計」により制御されています。「体内時計」は、生活スタイルから影響を受けています。「時間栄養学」は「体内時計を考えた栄養学」と捉えることができます。栄養学の基本である「何をどのくらい食べるか」に併せ、「食べるタイミング」といった体内時計の観点をプラスし、食事のリズムと機能性との関係について新しく研究する分野です。「緩やかな糖質制限食」は、1食につき摂取する糖質が40gまでとされています。毎日3食バランスよく食べて、ご飯を少なく摂ることが大切です。若い人が好む「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」が一番不適切です。同様に「カツ丼とざるそばセット」なども好ましくありません。要するに、糖質過多の食習慣はよくないということです。糖質制限の例として種類の多い幕の内弁当とご飯を少なく摂ることを、すすめています。「緩やかな糖質制限食」では、カロリーを重視せず、野菜(不足がちだといわれていますね。でも、市販の野菜ジュースではあまり栄養素が摂れないという説もあります)・お魚・お肉といった食品もたくさん摂りましょう。1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病が、主な糖尿病の種類です。なかでも、毎日の食事や生活スタイルが深く関わり患者数の最も多いのが、「2型糖尿病」です。当初はほとんど自覚症状がなく、たいてい血糖値の高さにも気づきませんが、そのまま状態が進行し悪化すると多くの合併症を引き寄せてしまいます。2型糖尿病の大きな原因は誤った食生活(改善するのはなかなか難しいものがありますね)に由来するため、食生活(改善するのはなかなか難しいものがありますね)を改善して治療へ繋げなくてはなりません。体重や血糖をコントロールし糖尿病性の合併症を予防、さらに悪化の抑制を目的とするのが食事療法です。日本人の5人に1人は罹ると言われている身近な病気『糖尿病』の予備軍について「なんとなく食生活(改善するのはなかなか難しいものがありますね)改善の必要性は感じるけど、実行できていない、適度な運動も必要だと思受けどできない」と考えている方々もいるでしょう。正式に糖尿病と診断されるまでにはほとんど自覚症状がないため、そう考えるのも無理はないです。そのうち、次第に境界型という糖尿病になってくると、様々な体調の変化が顕れてきます。特に、血糖値を下げる際に重要な役割をするホルモン、インスリン値に異常が出てくる反応は、無自覚のうちから顕れ、やがて糖尿病と診断されます。人は加齢と供に筋肉でのインスリンによる糖取り込みが減少します。したがって、血糖値が上昇しやすくなります。特に食後は、ブドウ糖が体内へとすぐに吸収されるため血糖値が上昇します。「ベジタブルファースト」は血糖値上昇の予防に繋がります。まずは野菜(不足がちだといわれていますね。でも、市販の野菜ジュースではあまり栄養素が摂れないという説もあります)から食べるといった食事法です。ゴボウやキャベツなどの食物繊維を豊富にふくむ野菜(不足がちだといわれていますね。でも、市販の野菜ジュースではあまり栄養素が摂れないという説もあります)は、他の食べ物の消化吸収を緩やかにする作用をもたらします。また、ご飯や麺類といった炭水化物に含まれる糖質の吸収も緩やかにするので、体内にブドウ糖が吸収されるのを和らげます。もし糖尿病になってしまったら、好きなものを食べられないと想像している患者さんが多数だと思います。だかといって、糖尿病の患者さんにとって、食べられる食品はたくさんあります。「食事療法」用に用意された献立があるのではなく、それぞれに必要な総摂取エネルギーと栄養素を考えることが大切になります。根本的な食事療法の考えは、糖尿病の方だけに必須な条件ではなく、本来健康なひとでも考えないといけないことなのです。あなたにとって適正な総摂取エネルギーが1日1600kcalと指示された場合、食品のうち1日に交換できる単位が20となりますが、バランスのよい栄養素を摂取することが大切になってきます。いわゆる「食品交換表」には、外食メニューの代表的なものも掲載されています。普段から、カロリーなどを頭に入れておくとよいでしょう。また、薬物療法を受けている患者さんの場合は、食べるタイミングを間ちがえると低血糖になることがあるので注意が必要です。旬の食べものを積極的に取り入れたメニューや、外食の仕方を上手く取り入れながら、食事療法を上手に活用して下さい。腎臓病の一つである糖尿病は、血糖値を正常に保つインスリンとよばれるホルモンが上手に機能しなくなり、慢性的に血糖値が高くなる病気です。糖尿病の治療の目標は、生涯にわたって血糖・体重・血圧・血清脂質の良好なコントロール状態を維持することで、糖尿病合併症(網膜症・腎症・神経障害)や動脈硬化症(心筋梗塞・脳梗塞・足壊疽)を予防し、日常の生活に支障をきたさないよう人生をたのしみながら送れるようにすることです。さまざまな治療法のうち、適切な食事療法を介して、その他の発症や進行における糖尿病合併症や動脈硬化症を防ぐことができます。よく読まれてるサイト⇒糖尿病性腎症 食事 宅配

カテゴリー: トピックス パーマリンク

コメントを残す