糖尿病の宅配食はネットのランキングと口コミを見て決定!

いろいろな栄養素を適量とるのが、糖尿病の方にとっては理想的な食事です。適正なエネルギー量の範囲内で、バランスのよい食事をとるために「糖尿病食事療法のための食品交換表」は、非常に役に立ちます。普段私立ちが食べている食品を食品交換表で照らし合わせてみると、そのうち最も多い栄養素を持とに、6つの表を作り6つの食品グループと調味料に分類し、食品の重量を1単位80kcalとして記載しています。毎日の食事を食品交換表と照らし合わせることで、献立への迷いも払拭できるでしょう。日本人の5人に1人は罹ると言われている身近な病気『糖尿病』の予備軍について「まだ予備軍だから、今までどおりの食生活で大丈夫、スポーツもナカナカできる時間がない」と思っている人も少なくありません。糖尿病予備群の段階ではなんの症状もないので、予防のための注意を払うことは少ないかも知れません。そのうち、次第に境界型という糖尿病になってくると、検査の結果にも様々な変化が顕れ始めます。例えば、血糖値(インスリンの分泌に問題があったり、反応に問題があっても高くなります)を下げるホルモンであるインスリンが血中での異常な変化を示すことは、糖尿病と診断される前の段階からあります。インスリンの作用は年齢と伴に低下するため筋肉への糖の取り込みが減少します。血糖値(インスリンの分泌に問題があったり、反応に問題があっても高くなります)の上昇につながる原因の一つです。食事の後は一段と、ブドウ糖が一気に体内に吸収されるため血糖値(インスリンの分泌に問題があったり、反応に問題があっても高くなります)が上昇します。血糖値(インスリンの分泌に問題があったり、反応に問題があっても高くなります)が上昇するのを防ぐ方法として「ベジタブルファースト」があります。食事の際、野菜から先に食べる食事法です。食物繊維を多く含んだゴボウやキャベツなどの野菜は、効果として他の食品の消化吸収を緩やかにします。併せて、食事や麺類などの炭水化物に含まれる糖質をゆっくり吸収するので、ブドウ糖が体内に吸収されるのを緩和します。糖尿病予備軍から移行した糖尿病は、インスリンという血中の血糖値(インスリンの分泌に問題があったり、反応に問題があっても高くなります)をコントロールするホルモンに異常が見られ、継続的に血糖値(インスリンの分泌に問題があったり、反応に問題があっても高くなります)が高いままの病気です。糖尿病の治療には多くの時間が必要ですが、その目的は正常なバランスを維持するための体重・血圧・血糖・血清脂質の管理を継続することで、例えば、網膜症・腎症・神経障害などの合併症、心筋梗塞・脳梗塞(脳軟化症ともいわれており、日本で最も発症率の高い脳疾患となっています)・足壊疽などの動脈硬化症を予防し、日常の生活に支障をきたさないよう充実した人生をおくるようにすることです。治療法は色々ですが、正しい指導の持と食事療法を通して、糖尿病の合併症や動脈硬化症への移行を予防することにもなります。1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病が、主な糖尿病の種類です。日常的な食事や生活習慣はひときわ関係しており発症率の高さで最も多いのが、「2型糖尿病」です。始めは血糖値(インスリンの分泌に問題があったり、反応に問題があっても高くなります)が高くても自覚症状が伴わず、そのことが悪化の原因となってしまいゆくゆくは合併症の要因になってしまうのです。2型糖尿病は不適切な食生活が大きな原因になるため、食生活を見直さなければ治療へと進めません。糖尿病性の合併症を防ぐための体重や血糖のコントロール、さらに悪化の抑制を目的とするのが食事療法です。医師から指示されている1日の総摂取エネルギーが1600kcalの場合、1日20単位の食品と交換できますが、それぞれの栄養素が偏らないように選ぶことが大事です。「食品交換表」には、食品だけでなく主な外食メニューも載っています。目で見てカロリーなどがわかるようになりましょう。また、薬物療法を受けている患者さんの場合は、どのタイミングで食事をすればよいのか把握しておかないと、状況次第では低血糖になる恐れがあるので注意が必要です。その季節独特の食材をメニューに取り入れたり、外食の仕方にも工夫を凝らして、食事療法を豊かにしてちょーだい。体内時計の乱れには2型糖尿病や肥満を伴う危険性が潜んでいます。毎日の睡眠や体温、また体内の血圧や糖代謝・脂質代謝など、それらの生理機能は日内リズムに伴って変化し、いわゆる「体内時計」によってコントロールされています。「体内時計」は、生活スタイルから影響を受けています。「時間栄養学」とは、「体内時計を考えた栄養学」のことです。「何をどのくらい食べるか」という従来の栄養学に、「いつ食べるか」という体内時計の視点を加えて、食事のリズムと機能性との関係性について研究する新しい分野です。糖尿病というと、制限された食事と考える患者さんがほとんどかも知れません。しかし、糖尿病を患ったからといって、食べられないものは何もありません。「食事療法」には、これといった限定されたメニューがある所以ではなく、食品に含まれる栄養素の種類とバランス・自分に必要な総摂取エネルギーを照らし合わせながら実践することが重要になります。食事療法のそもそもの目的は、糖尿病の方だけに必須な条件ではなく、健康なひとでさえ日常的に意識しないといけないということです。糖質の摂取目安として、「緩やかな糖質制限食」では1食につき40gまでとされています。一日三度の食事をバランスよく摂り、できるだけ食事を少なくすることが大事です。若い人が好む「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」が一番不適切です。「カツ丼とざるそばセット」のようなものも同様です。つまり、糖質ばかりのものを食べるのはよくないということです。糖質制限の観点からも「幕の内弁当にしましょう。そして食事は半分残しましょう」と、推奨しています。「緩やかな糖質制限食」では、それほどカロリーを気にしないで、野菜やお魚・お肉なども豊富に摂取しましょう。毎日摂っている食事については、3食それぞれ同じくらいの分量が理想的ですが、夕食の分量に多く偏ってしまうのです。食事にかける時間は、忙しくても20分は取ることです。そうした方が、血糖値(インスリンの分泌に問題があったり、反応に問題があっても高くなります)の上昇を抑制できたり、満腹感が増し食べ過ぎを防止できるからです。忙しいとき、しごとの合間に短時間での食事摂取は回避しましょう。食物繊維は血糖値(インスリンの分泌に問題があったり、反応に問題があっても高くなります)を下げる作用を促しますので、より多くの海藻類・きのこ類を食べるようにしてちょーだい。糖質の多い食品(ポテト・コーンなど)は意識しながら摂ってちょーだい。参考:糖尿病食事宅配ランキング

カテゴリー: トピックス タグ: パーマリンク

コメントを残す