腎臓病の食事療法は自分には厳しいのではないかと考える人が多い

腎臓病では 糸球体がおかされるために正常な血流が行われず、不要な水分やナトリウムが体内に蓄積しやすくなってしまいます。この他、尿と同時に体外へ出されるはずの老廃物に関しても、増加する事態になります。結果として、血液中の窒素量が多くなり、尿毒症を起こす火種となったり、ナトリウム濃度が増加し高血圧を引き起こす危険性が出てきます。そのため食事療法では、適正な塩分・水分・蛋白質・エネルギー量を常にキープする事が入り用なのです。浮腫が際立っていたり尿量が明らかに少ない場合、塩分だけでなく水分の病理制限も重要となります。この際の病理制限の定義としては、飲み水の他、食品自体が持つ全ての水分と考えます。浮腫そのものが無い或いはそこまで酷くない場合塩分制限だけになります。水分量の病理制限については病状や尿量等総合的に踏まえて医師が適切な数値を出します。脱水状態を起こせば腎臓機能は悪くなる一方なので自分勝手な病理制限はしてはいけません。体の3大栄養素(生命活動を維持するために、体外から取り入れる物質をいいます)として糖質・たんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)・脂質が挙げられます。糖質と脂質は体内で燃焼されることで水と二酸化炭素に転じるため、腎臓や肺に留まりづらいのですが、たんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)の場合分離されれば7~8割は窒素を含んだ老廃物となり排泄する際、多少なりに腎臓に負荷が生じます。そのため、たんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)の病理制限が重要となります。健康体であるための最低限のたんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)摂取量は体重1kgにつき0.6g/日入り用であって、一日分に変換した場合30~40gとなります。食事によって獲得したたんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)は、体を動かすためのエネルギーへと変化しますが、幾らかは老廃物になり血液中に留まります。血液は腎臓に運ばれて濾過された後に、無駄な老廃物は尿を出す際にいっしょに排出されます。たんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)を摂れば摂るほど、老廃物が増える事になるため、腎臓への負担が増えてしまいます。腎機能を維持する上で、日頃からたんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)の摂取量には目を配る重要があるのですね。ですが、たんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)は人体にとって重要不可欠な栄養源なので、一定値は摂取しないといけません。腎臓病に罹っても食事療法を厳守すれば、からだの中に老廃物(毒素)がたまりません。老廃物が蓄積されなくなば尿毒症を予防し、慢性腎臓病の症状進行のペースを遅くできます。優れた効き目が出た際には、慢性腎臓病はもう進行しなくなったのではないかと考えられるぐらいに遅らせられたりするのです。食事療法は自分には厳しいのではないかと考える方がいますが、決してそのような事はありません。食事療法と言うのは、患者が自主的に手掛けられる最善の治療方法です。腎臓病時の食事療法の大元の趣旨は、腎臓病の進行ペースを遅く指せる事と、体調を良好に保つことにあります。人工透析実行前のいわゆる保存期の方ならば、食事療法を手掛ける事で腎不全が進行しないようにできますし、透析導入を遅らせることができます。実際に人工透析が重要となってからも、なるべく体調を崩さずに人工透析に望むために、食事療法は重要不可欠です。クレアチニンについては筋肉中にある物質を介して生じる老廃物であって、腎臓に行き分離された後尿中に排出されます。このクレアチニンの量は、筋肉や運動量と関係しているといわれます。ですので、高めの数値が出るのは大抵男性だったりします。筋肉量が落ちてくると、クレアチニンの量も減少します。この他に、女性の場合妊娠時に、尿から排出するクレアチニン量が飛躍するので、平常時に比べてクレアチニンの値が下がっていきます。腎臓病の人のために低たんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)で済む特定な食品が製造されています。これらを上手く活用するのが長続きのコツです。腎臓機能が下がっていくに従い、今よりも力を入れて食事を病理制限しないといけません。この他、糖尿病がある方でしたら血糖値を上げないために、エネルギー量にも病理制限が生じます。独断で食事プラン(何事も当初の計画通りにはいかないことが多いでしょう)を立てずに、管理栄養士や医師のアドバイスの元確定するようにしましょう。お肉・お魚・たまご・豆腐については一度に多量のたんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)を摂取してしまいますし、ついつい食べ過ぎてしまう食品でもありますので気をつけるようにしましょう。甘い味付けの食べ物には思ったよりあまたのたんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)が含まれているのです。オヤツの種類よっては乳製品や豆類が混入されているので、エネルギーチャージが目的でも一度に多量を口にすれば、基準値を超えたたんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)を摂取する事になります。例えるなら、ショートケーキ1個には卵1個に近いたんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)が内包されています。カリウムは水に浸透しやすい事から野菜・芋類を献立に入れる場合、小さめのサイズに切って茹でこぼし或いは水さらしを済ませてから調理をはじめましょう。茹でる事で除外できるカリウムの量は、食材の品目や調理時の処理時間や形状・水量により違いが出ます。一般的にはほうれん草等の葉物野菜だと45%、いんげん等の未熟豆類でおおよそ30%は取り除けます。小さく切る、茹でたらしっかり水を切る、きっちり搾る等手を加えれば、その分効力は発揮されます。
よく読まれてるサイト>>>>>腎臓病 食事 宅配 ランキング

カテゴリー: トピックス パーマリンク

コメントを残す