>

歯と歯の間のお手入れ

歯間ブラシ・デンタルフロスを使おう

歯と歯の間は、歯磨きだけでは歯ブラシの毛先が届かないので、歯垢がたまりやすくなります。
歯ブラシだけだと60%程度でもデンタルフロスや歯間ブラシと併用することによって90%取り除くことが可能だそうです。
自分に合ったサイズのものを選び、使う習慣をつけると良いでしょう。
(歯によって隙間が違う場合は数種類必要)
1日1回、歯みがき後に使うことをおすすめします。
デンタルフロスが引っかかる場合は、むし歯があったり、歯石がついていることがありますので、無理に引っ張らずに歯科医院にみてもらいましょう。
歯間ブラシは強引に動かすと、歯や歯肉を傷つけてしまいます。
使い方がわからなければ、歯科医院で聞いて正しく使いましょう。

舌ブラシを使おう

鏡に向かって舌を見てみると、苔のような白色や淡黄色のものがついていることはありませんか。
舌苔は、口腔内の乾燥や加齢による運動機能の低下、唾液の分泌の減少などが原因となり、細菌やたんぱく質が多く含まれてます。
口臭を抑えるためにも舌をきれいにしましょう。
舌ブラシ(歯ブラシ)を使って落とします。
舌ブラシを水にひたして舌苔の奥に当て、軽く手前に引きます。
力を入れると、舌があれてしまいますので、ブラシも柔らかいものを使います。
舌苔だけでなく舌乳頭の組織まで傷つけて取れてしまうと、ひりひりしたり、唾液をためておくことが出来ず、ドライマウスが進行してしまいます。
ひくごとに水で洗い、汚れがつかなくなるまで繰り返します。
起床直後に1日1回行います。
鏡で取れているかを確認してみましょう。


この記事をシェアする