口コミ徹底検証!犬用歯磨きジェル【ケンティス】の特徴&評判まとめ

犬を飼っている人なら愛犬の歯の健康は気になりますよね。
ワンちゃんは自分で歯磨きができないので、飼い主が責任をもってケアする必要があります。
とはいえ歯ブラシを嫌がるワンちゃんは多いですし、毎日するのは大変ですよね。
そこで、おすすめなのが手軽に愛犬の口腔ケアができる犬用歯磨きジェル【ケンティス】です。

 

この記事では犬用歯磨きジェル【ケンティス】の特徴や気になる口コミを紹介します。
ぜひ愛犬の歯周病対策の参考にして、大好きなワンちゃんといつまでも元気で健やかに過ごしましょう。

 

 

犬に歯磨きが必要な理由

歯磨きは人間と同じように犬にとっても大切な健康習慣です。
とはいえ、犬を飼っていても歯磨きをしてあげる習慣がない家庭が少なくないのも事実。
「そもそも犬に歯磨きって必要なの?」と疑問に思っている人もいるでしょう。
まずは犬に歯磨きが必要な3つの理由を解説します。

 

犬は歯石がつきやすい

犬は人間のおよそ10倍歯石がつきやすいと言われてます。
「歯石」とは、細菌の集まりである「歯垢」が唾液に含まれるミネラル成分と結合して石灰化したものです。
歯垢が付着し始めるのは食後6?8時間とされ、人間も犬も変わりはありません。
しかし歯垢を放置してから歯石に変化するまで、人間は20日ほどかかるのに対して、犬は2?3日で歯石になってしまいます
歯石になりやすい犬の歯垢を放置しないためにも毎日の口腔ケアが必要不可欠なのです。

 

歯周病になる恐れがある

歯石が溜まるとさらに歯垢がつきやすくなり、細菌が繁殖して歯周病になる恐れがあります。
歯周病は人間だけでなく、犬にとっても深刻な病気です。
口臭や歯茎からの出血、食欲低下などの症状を引き起こし、最終的には歯が抜け落ちてしまう可能性もあります。
自分では歯を磨けないワンちゃんだからこそ、飼い主が歯周病対策として歯磨きをしてあげなければいけないのです。

 

口以外にも悪影響を及ぼす

歯周病が悪化すると、上顎の骨が溶けて口腔と鼻腔が繋がる「口鼻瘻管(こうびろうかん)」という病気に罹る可能性があります。
口鼻瘻管は上顎と鼻の距離が近い、犬や猫がかかる病気です。
鼻腔に穴が空くとくしゃみや鼻水が出たり、膿が溜まったりなどの症状を引き起こします。
さらに症状が悪化して、目や内臓にも悪影響を及ぼしてしまうケースも少なくありません。
犬の歯を守ることは口だけでなく、全身の健康のためにも大切です。

 

毎日やるべき犬の歯周病予防

犬の歯周ケアは毎日するのが理想とされ、最低でも3日に1回行わないと歯石が溜まってしまいます。
愛犬の歯周病ケアには、どのような方法があるのでしょうか。
ここでは犬の歯周病予防として一般的な方法を紹介するので、愛犬家の方はぜひ参考にしてくださいね。

 

犬用歯磨き

もっとも一般的なケアは、犬用歯ブラシを使用したブラッシングです。
犬の口元を指でめくり、歯と歯茎の間を優しくブラッシングすることで歯垢を落とす効果があります。
ブラッシングに慣れていない犬だと嫌がったり、力が強すぎて歯茎を傷つけてしまったりする可能性があるので、小さい頃から習慣づけるのがポイントです。
人間用の歯磨き粉の多くに含まれるキシリトールは、犬にとっては毒性が強いため、必ず犬用の歯磨き粉を使いましょう。

 

歯みがきシート

歯みがきシートも人気の犬用デンタルケア商品です。
飼い主さんが指にシートを巻きつけて、直接歯の感触を確かめながらケアできるので汚れの落ち具合を実感できます。
歯ブラシは嫌がっても、飼い主さんの指なら大人しく歯磨きされる犬も多いようです。
ただブラッシングに比べて、歯と歯茎の間や細かい部分がケアしにくいのがデメリットとして挙げられます。

 

歯磨きジェル

歯磨きジェルは犬の歯にジェルを塗ることで口臭ケアや歯周病を予防するアイテムです。
ジェル状なので歯や歯茎を傷つける心配がありません
自然由来のシソエキスやヒト幹細胞培養液、乳酸菌など、犬が飲み込んでも安心安全な成分が含まれている商品もあります。
歯磨き粉の代わりに使用したり、飼い主さんの指につけて塗ってあげたりと使い方を選べるのも魅力です。

 

動物病院でのスケーリング

ご家庭でのケアでは蓄積した歯石を取り除くことはできません。
歯垢を放置して歯石が溜まってしまった場合は動物病院でのスケーリング(歯石除去)が必要です。
事故防止や歯石を十分に除去するためにも全身麻酔をかけるケースがほとんどですが、その分費用も高くなります。
スケーリングの費用は犬の大きさによっても異なるので事前に獣医師に相談しましょう。
愛犬と家計への負担を少なくするためにも、家庭での毎日のケアは重要です。

 

犬用歯磨きジェル【ケンティス】の特徴

愛犬の歯の健康を手軽にケアできる犬用歯磨きジェル【ケンティス】が話題です。
犬用歯磨きジェル【ケンティス】には、どのような成分やメリットがあるのでしょうか。
ここでは犬用歯磨きジェル【ケンティス】の5つの特徴を解説します。

 

情報参照:ケンティス公式HP
https://lp.kenteeth.jp/

 

汚れを吸着する「卵殻アパタイト」配合

ケンティスに含まれる卵殻アパタイトには、タンパク質を吸着する性質があり、食べカスや歯の汚れをしっかり吸着します。
聞き馴染みがないかもしれませんが別名「ヒドロキシアパタイト」といって、人間用の歯磨き粉や化粧品にも使われている成分です。
卵殻アパタイトは汚れを吸着するだけでなく、歯の表面をコーティングして汚れをつきにくくする効果もあります。
毎日続けることで愛犬の歯を汚れから守ってくれるでしょう。

 

抗菌・消臭に優れた「カキタンニン」配合

カキタンニンは柿渋の主成分であり、日本では古くから防腐剤や防虫剤として親しまれてきました。
ケンティスにはカキタンニンが配合されており、抗菌や消臭の効果が期待されています。
ワンちゃんの口臭が気になる飼い主さんも少なくないでしょう。
愛犬の口内環境を健やかにしながら、嫌な臭いもケアしてくれるのは魅力ですよね。

 

歯周病予防の「グリチルリチン酸ジカリウム」配合

グリチルリチン酸ジカリウムは甘草という植物から抽出される成分です。
抗炎症作用や抗アレルギー作用があり、ケンティスは犬の口内環境を整え、歯周病を予防する効果も期待できます。
植物由来の成分なので敏感肌の人向けの化粧品や目薬などにも使われており、安全性が高いです。
大切な愛犬に安心して使えるのもケンティスの嬉しい特徴といえます。

 

ジェルタイプだから使い方いろいろ

ケンティスはジェルタイプのオーラルケアアイテムなので、さまざまな使い方ができます。
歯や歯茎に直接塗ってあげたり、そのまま舐めさせたりとワンちゃんに合わせた使用方法を選びましょう。
またケンティスの公式サイトから購入できる定期コースでは、初回特典で便利な付属ブラシもついているので、そちらを使うのもおすすめです。

 

犬種を問わず使える

複数の大型犬や小型犬を一緒に飼っている家庭では、毎日歯磨きするのは大変ですよね。
ケンティスは犬種を問わずに使えるのも嬉しいポイントです。
ケンティスをいつものドックフードに混ぜたり、お気に入りのおもちゃに塗ってあげたりすれば手軽にケアできます

 

【ケンティス】の口コミ

実際にケンティスを使っている愛犬家からの評判はどうなのでしょうか。
最後に気になる犬用歯磨きジェル【ケンティス】の口コミを紹介します。
購入を検討している人はぜひ参考にしてくださいね。

 

「使い続けたい」

ガムだけでは不安で歯磨きに挑戦したけれど、どうしても嫌がってなかなか歯磨きさせてくれず…定期的に必要なケアなのに毎回大変でした。
でも、このケンティスを試してからは「やって〜!」と言って来るようになってとっても楽になりました!
この子と長く一緒にいるためにも使い続けたいと思います
引用元:https://lp.kenteeth.jp/

 

毎日のケアが必要だと分かっていても、愛犬が歯磨きを嫌がって困っている飼い主さんも少なくありません。
愛犬の歯磨き嫌いに悩んでいた飼い主さんでも、ケンティスなら嫌がらず、むしろ自分からおねだりしてくれるようになったという口コミがありました。
嫌がらずに歯磨きをしてくれるのは飼い主さんにとっても嬉しいですよね。

 

「触れ合いながら簡単に歯磨きができる」

色々試した結果、犬と触れ合いながら簡単に歯磨きができるケンティスが一番使いやすく、うちの犬もすぐに慣れてくれたので安心しました。
今では手放せない商品です、出会えて良かったです!
引用元:https://lp.kenteeth.jp/

 

ジェルタイプのケンティスは使いやすく、愛犬と触れ合いながらケアできるという口コミもありました。
愛犬家なら大好きなワンちゃんには、一日でも長く健やかに生きてもらいたいものですよね。
ケンティスなら毎日楽しく仲を深めながら、お口を健やかに保てるでしょう。

 

 

犬用歯磨きジェル【ケンティス】で愛犬を歯周病から守ろう

犬は歯周病によるさまざまな健康リスクがあるので、日頃のオーラルケアが欠かせません。
犬用歯磨きジェル【ケンティス】なら毎日でも手軽に口腔ケアができます
ケンティスを試してみたい人は公式サイトでの定期購入がおすすめです。
定期購入といっても契約回数に縛りがなく、いつでも解約できますし、初回のみ全額返金保証キャンペーンも実施しているので安心して試せます。
ケンティスで大切な家族である愛犬を歯周病から守りましょう。

 

まとめ

  • 犬は人間よりも歯石がつきやすく、歯周病のリスクが高いので毎日のケアが大切
  • 犬の歯周病予防に「ブラッシング」「歯磨きジェル」「スケーリング」などがある
  • 犬用歯磨きジェル【ケンティス】は「汚れを吸着する卵殻アパタイト」「消臭・抗菌に優れたカキタンニン」などが含まれている
  • 犬用歯磨きジェル【ケンティス】は「いろいろな使い方ができる」「犬種を問わない」などの特徴がある

犬用歯磨きジェルケンティス

\今なら通常価格\5,000(税抜)が初回限定半額¥2,500(税抜)!!/